トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
「2007年日本映画祭」、15日北京で開幕
2007/03/16

  中日国交正常化35周年となる今年の記念活動のひとつ「2007年日本映画祭」が15日夜、北京で開幕する。北京の日刊紙「京華時報」が伝えた。

  同映画祭は、中国国家広播電影電視総局(放送・映像作品部門)・電影(映画)管理局、日本文化庁が主催し、北京新影聯影業有限責任公司、北京新世紀影院、北京新東安影城、日本のNPO法人・映像産業振興機構(VIPO)が共同で実施する。

  上映作品の監督・俳優が映画祭の開催にあわせて訪中し、舞台挨拶を行う予定。主催国の中国も、国内の映画俳優によるアピール活動を行う。

  上映作品は「いちご同盟」、「がんばっていきまっしょい」、「村の写真集」、「ニライカナイからの手紙」、「博士の愛した数式」、「雪に願うこと」、「HINOKIO ヒノキオ」、「天国は待ってくれる」。オープニング作品の「天国は待ってくれる」は、2007年の新作映画だ。

「人民網日本語版」2007年3月15日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷