トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
総領事の新年挨拶

僑胞の皆様、ご友人の皆様、こんにちは。

    中国駐福岡総領事の律桂軍と申します。新年を迎えるにあたり、中国駐福岡総領事館を代表し、管轄区域内の華僑華人の皆様、中資機構と企業、留学生、研修生の皆様、そして日本の友人の皆様にお慶び申し上げます。

    2020年、新型コロナウィルスが全世界で猛威を振るい、世界は百年来で最も深刻な感染病のパンデミックに陥りました。突如巻き起こった新型コロナ感染を前に、中国人民は中国共産党の強固な指導の下、強靭な意志と果断で徹底的な措置をもって迅速に感染を抑え込み、新型コロナとの闘いに戦略的成果を収め、率先して生産再開と経済成長のプラス転換を実現しました。また、中国は日本など世界各国と手を携え、共に困難を克服し、全世界の新型コロナ感染対策に知恵と努力を貢献してきました。新型コロナウィルスとの闘いにおいて、中日両国民は助け合いながら共に難関を乗り越え、「山川異域、風月同天」の感動的な物語を描き、中日友好の偉大なる力を見せてきました。

    この極めて非平凡な一年において、総領事館管轄区域内の同胞の皆様は、海外にいながらも常に祖国に関心を持ち、祖国の感染対策を支援する行動で赤誠な愛国心を表しました。また、皆様は新型コロナ感染が長期化する中、困難を克服し、現地に立脚して助け合い、現地の感染対策に取り組みながら、祖国の発展と建設を支えてこられました。ここで、中国駐福岡総領事館を代表し、皆様に心より感謝を申し上げます。

    新型コロナの感染は我々の前進を止めることなどできず、いずれ風雨を経て青空を迎えます。このほど、中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議で、「第14次国民経済・社会発展5カ年計画〈「14・5」計画〉と2035年長期目標の策定に関する党中央の提案」が採択されました。過去を振り返り、「13・5」計画を経て、中国の総合国力は再び新たなステップへと踏み出し、中華民族はまもなく全体として絶対的貧困を一掃して小康社会の全面完成を実現します。これは中国の歴史ひいては人類の発展史においてかつてない壮挙です。「14・5」計画期間中(2021―25年)に中国は現行の高所得国の基準に達し、2035年までには国民一人あたりのGDPが中等先進国水準に達し、社会主義の近代化はほぼ実現する見通しで、中華民族の偉大なる復興という「チャイナドリーム」は阻まれること無く、一歩一歩実現していきます。

    新しい一年において、皆様におかれましては、引き続き団結して感染対策を徹底し、自分と家族の健康をきちんと守りながら、それぞれの持ち場で益々の発展を成し遂げ、また、架橋の役割を果たし続け、中日両国各分野の交流と協力の発展に更なる貢献をいただけますよう期待しております。中国駐福岡総領事館はこれまでと変わらず、皆様が日本で仕事、勉強そして生活する為にできる限りの力添えをしていきます。あなたが成功を追い求める道で、我々は応援と支持をしています。困難に遭った時、あなたの後ろには祖国がいます!あなたのそばには中国駐福岡総領事館がいます!

    結びに、管轄区域内の同胞の皆様および日本の友人の皆様の新しい一年におけるご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

中国駐福岡総領事 律桂軍

2021年1月吉日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷