トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
律桂軍総領事が着任
2020/06/11

    2020年6月11日、中華人民共和国駐福岡第12代総領事律桂軍氏が着任した。

    律総領事は総領事館業務管轄区域内の中国人同胞と各界の日本友人に真摯な挨拶を伝え、次のように述べた。現在中日両国は新時代にふさわしい中日関係を構築しており、平和と友好は両国関係の主旋律である。九州・沖縄・山口地域は日本の中で最も中国に近い地域であり、近年中国との交流と協力は絶えず深化、拡大して大きな成果を挙げ、中日関係において重要な役割を果たしている。新任駐福岡総領事として、強い使命感と責任感を持って、総領事館全員と共に、各界と連携しながら、九州・沖縄・山口地域と中国の友好交流及び実務的協力を新しい段階へ推し進めていく。

    律総領事は、新型コロナとの闘いの中で、中日両国民は助け合いながら共に困難を乗り越え、「山川異域 風月同天」という感動的な物語を生み出し、中日友好の新しいページを描いたと述べ、我々は日本側と手を携え、一日も早く感染に打ち勝つよう取り込んでいくと表明した。

    律総領事はまた、新型コロナは生産、生活と学業にダメージを与えたが、中国駐福岡総領事館は地域内各界と心を一つにし、中日互恵協力の潜在力をさらに引き出し、両国の経済回復と発展に貢献していくと表し、「外交は民のために」という主旨を堅持し、いつも同胞の皆様のそばにいて、できる限りの努力を尽くし、皆様に協力と支持を提供し、共に難関を乗り越えていくと表明した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷