トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
中国駐福岡総領事館,「花王 湖北省の新型肺炎対応を支援」物資贈呈式を開催
2020/02/17

    2月13日、中国駐福岡総領事館は花王株式会社が中国湖北省に寄贈する支援物資の贈呈式を行った。康暁雷代理総領事は湖北省慈善総会を代表して、花王からの支援物資を受けた。

    花王社長室の松尾恵子部長は康代理総領事に支援物資の寄贈意向書を手渡さし、中国の新型肺炎感染に見舞いの意を表し、「花王は中国の新型肺炎対応最前線の物資不足状況を緩和するために積極的に支援したい。中国が一日も早く感染との戦いに打ち勝つことに役割を果たす」と述べた。

    康代理総領事は総領事館からの感謝状を贈呈し、次のように述べた。「花王株式会社の寄贈物資は最前線にいる医療関係者と患者たちに温かい関心をもたらし、中日両国が手を携えて新型肺炎を乗り切るために、中日友好を促進するために積極的な役割を果たすものになる。中日両国は一衣帯水の友好隣国であり、隣人が困難に会った時、日本全国がみんな手を差し伸べてくれたことに、中国の人々は深く感動しておる。九州、沖縄地域の各自治体、友好団体、一般市民や華僑華人たちは続々と義援金や物資をご寄贈頂き、中国を支持してくださったことに対し、心より感謝と敬意を申し上げる。」

    そして、康代理総領事は「中国政府は常に人民の安全と健康を最優先課題として、新型肺炎の状況を高度に重視し、習近平主席が自ら指導し、党中央が新型肺炎対策チームを立ち上げて、全面的、迅速に対応している。極めて短い時間で全国をカバーする重層的、科学的、効果的な予防抑制体系を構築し、通常の国際基準を超えた予防抑制措置を取ってきた。同時に、公開で透明、責任ある態度で国際協力を行い、全世界の公共衛生事業にも積極的な貢献を果たし、国際社会から高い評価をいただいている。中国政府と中国人民は今回の感染を予防・抑制する戦いに勝つ能力も自信も十分持っている」と強調した。

    花王の寄贈意向を受けて、当総領事館は各方面を速やかに調整し、できるだけ早くこれらの物資を最前線へ送るよう力を入れている。現在、駐日本大使館の統一指導の下、そして中国民航総局、国家衛生健康委員会の積極的なご協力を通じて、関連物資の寄贈と通関などの準備は既に完成しており、近い内、中国東方航空のチャーター機で中国国内に運ばれる。

    康代理総領事は今回の寄贈物資のために倉庫、通関、運輸そして受け入れなど様々なサービスを無料で提供する中国東方航空と株式会社ASに感謝状を贈呈した。

           

推荐给朋友
  印刷 全文印刷