トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
何振良総領事,九州中資企業協会創立1周年記念式典に出席
2017/12/15

                               

    12月8日、何振良総領事は中資企業協会創立1周年記念式典に出席、当面中国の経済情勢、中国共産党第十九回全国代表大会、中日関係の現状及び今後の発展等について講演を行った。孫忠宝副総領事、九州中資企業協会会長塗家飛、中資企業代表等約60名が参加した。

                               

    何総領事は九州中資企業協会創立1周年を祝い、また総領事館への支援と協力を感謝し、次のように述べた。2017年中国経済は堅調な成長を維持し、年初予想した成長目標を達成するには懸念がないはずである。第十九回党大会を持って、中国特色社会主義は新時代に入ったことを示し、私たちは習近平新時代中国特色社会主義思想の指導のもとで、二つの百年目標と中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現に向けてたゆまず奮闘しなければならない。最近、中日関係は改善発展の積極的な傾向が現れ、特に日本側は「一帯一路」を通じて中国との協力を強化する姿勢を示し、民間企業の参加を支援すると表明した。在九州中資企業はこの時機を摑んで、自分の長所を果たし、それに九州中資企業協会は会員のためにより多くの機会を提供してほしい。また、何総領事は一年以来総領事館の交流活動を紹介した上、中資企業は自身の発展に力を注ぐとともに、日本社会との一体化を強化し、中国企業の良いイメージを更に築き、中日両国人民の相互理解を促進するために努力してほしいと述べた。

    九州中資企業協会は2016年11月に創立され、現在会員企業が70社ある。協会創立一年以来、会員企業は九州中日友好交流大会と春節祭り等の中日交流活動を積極的に参加して、中日友好及び両国国民の相互理解を深めることに貢献してきた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷