トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
何振良総領事,沖縄県を訪問
2017/11/08

    10月30日から31日、何振良総領事は沖縄県を訪問し、まもなく11月上旬に中国を訪問する翁長雄志知事と会見し、沖縄県日中友好協会及び地元の華僑華人団体の代表と交流した。

    翁長知事と会見した時、何総領事は福建省と沖縄県友好提携20年以来、双方が各分野の交流と協力において成し遂げた実り多き成果を評価し、次のように述べた。今年が両省県友好提携20周年とともに、中日国交正常化45でもあり、翁長知事がこの記念すべき年に中国を訪問することは非常に有意義なことで、必ず双方の友好協力関係を新たな段階に推し進めていけると信じている。福建省方面の接待の準備も整っており、この度の訪問が円満な成功を収められるよう祈っている。

    翁長知事は総領事の来訪に感謝を表し、沖縄県は福建省との20年以来の友好協力関係を非常に重視し、双方が長年において結んできた深く厚い友情を大切にしていると述べ、今回の訪問を通じて福建省との各分野における交流と協力を更に拡大、深化させ、双方の友好協力関係をより高いレベルに押し上げていけるよう期待を表した。

                               

    沖縄県日中友好協会と交流したとき、何総領事は次のように述べた。沖縄県日中友好協会は成立してほどなくにも関わらず、すでに両国の民間交流の促進に積極的な役割を果たしいる。これからも引き続き両国民間友好事業にご尽力いただくように期待しており、総領事館としては積極的に協力していく。

    華僑華人団体の代表と交流する時、何総領事は皆さんが長年にわたり総領事館の仕事に理解と支持してきたことに感謝を伝え、華僑華人団体の発展および華僑華人の仕事と生活の状況を詳しく聞いた。また、皆さんが助け合い、ともに華僑華人がよりよく沖縄で仕事、生活できるよう努力していくことを期待し、総領事館としては引き続きできる限りの支持と協力していくと述べた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷