トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
何振良総領事,宮崎県副知事と会見
2017/10/18

                               

    10月16日、何振良総領事は宮崎県の鎌原宜文副知事と会見した。

    何総領事は次のように述べた。宮崎県は林業など豊富な資源を生かして中国各地と経済貿易を行ってこられ、実り多き成果を遂げた。特に近年、益々多くの中国観光客が宮崎県の観光資源に魅了されて宮崎県を訪れ、地元の経済発展に新しい活力をもたらすとともに、両国国民の相互理解の増進にも繋がる。今年は中日国交正常化45周年、来年は「中日平和友好条約」締結40周年であり、宮崎県がこの重要な契機を掴み、中国各地と人的往来、経済などの分野における交流と協力を更に拡大し、深化させていくことを期待している。中国駐福岡総領事館としては積極的に協力して行く。

    鎌原副知事は次のように述べた。現在、宮崎県と中国上海、香港など各地の間には、経済貿易、文化など各分野における交流と協力が順調に進んでおり、実りも多い。中国は既に宮崎県最大の貿易パートナーとなっている。今は約1500名の中国人が宮崎県で仕事、生活しており、今年は現在まで35000名余りの中国観光客が宮崎県を訪れ、宮崎県の観光事業の発展に大いに寄与している。宮崎県はこれからも、中国駐福岡総領事館と協力しながら、引き続き中国各地と各分野での交流と協力を更に発展させていく。

                               

推荐给朋友
  印刷 全文印刷