トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
2017年九州中日友好交流大会等関連イベントが福岡市で開催
2017/07/24
 

                                

    7月18日,中日国交正常化45周年及び江蘇省・福岡県友好省県締結25周年を記念するため,中国駐福岡総領事館,福岡県日中友好協会,九州地区日中友好協会と江蘇省,福岡県及び福岡県議会が連携し,"2017年九州中日友好交流大会","江蘇省物産展","中日国交正常化45周年記念写真展","中国世界遺産写真展"及び"福岡県・江蘇省友好交流パネル展"等一連のイベントを福岡市で開催した.中国駐日本国大使程永華氏,江蘇省副省長陳震寧氏,中国駐福岡総領事何振良氏,福岡県知事小川洋氏,日本国元首相村山富市氏,福岡県日中友好協会会長松本龍氏,九州地区日中友好協会会長海江田順三郎氏などが大会に出席し,挨拶した.九州各県,市政府及び議会の代表,各日中友好協会,各友好団体,各華僑華人団体,中資企業協会代表,経済,マスコミ等各界の主要機関と団体代表,江蘇省及び南京市,淮安市,蘇州市,南通市等の代表団約400名が出席した.

                                                                 

    程永華大使は挨拶の中で中日関係発展の歴史を顧み,当面の中日関係の情勢を紹介した後,次のように述べた.今年は中日国交正常化45周年で,来年は『中日平和友好条約』締結40周年である.皆さんには,この重要なタイミングをきっかけに,両国関係の大局を心に抱くこと,両国民衆による双方向交流を拡大すること,実務協力の中身を充実させることなど3つの面から積極的な役割を果たし,両国関係の更なる改善と発展を促進していくよう期待している.中日友好の基礎は民間にあり,中日関係ではいかなる歴史的時期においても,両国の民間友好が重要な役割を果たしてきた.両国の地方と民間各界が共同の努力を払い,九州中日友好交流大会等のプラットフォームを生かし,意思疎通を強化し,相互理解を深め,両国関係の改善・発展のためにより多くの共通認識を凝集し,両国の友好交流と互恵協力推進のためにより多くの実績を上げることを期待する.

                                                                 

    陳震寧副省長は次のように述べた.江蘇省と福岡県の友好省県締結から25年,双方の各分野における交流協力は実り多い成果をあげており,今後の潜在力はなお大きい.引き続き九州各界と手を携えて努力し,地方政府の相互訪問,各分野の交流協力の促進,観光協力の全面的促進,青少年交流の深化等の面で力を入れ,両国の友好関係を一層発展させるよう取り組んでいく.

                                                                 

    何振良総領事は,九州地区は長期にわたり,常に中国との友好交流の先頭に立っていると述べ,九州各界には,今年の中日国交正常化45周年をきっかけに,引き続き地理的・歴史的な優位性を十分に発揮し,双方の人文交流を更に推進すること,友好都市の優位性を充分に発揮し,地方および民間の友好交流を更に推進すること,資源や産業の優位性を十分に発揮し,双方の経済貿易協力をさらに推進することなどの面から力を入れ,高まった熱情と弛まぬ努力で九州地区の中日友好交流事業を新たなステップへ推し進めていくことを期待していると表明した.

                                                                 

    小川洋知事は次のように述べた.福岡県と江蘇省の友好県省締結から25年,双方は積極的に環境,経済,青少年,体育,文化等多くの分野において交流と協力を展開し,堅固な絆を結んだ.人と人の草の根交流及び地域間交流の絶えない蓄積は国同士の信頼関係の基礎である.先人たちは両県省の間で固い友情の基盤を築いた.福岡県はそのもとで江蘇省との交流と協力をさらに強め,中日両国関係の発展のために揺るぎなく努力していく所存である.

                                                                  

    村山富市元首相は,日中国交正常化から45年,両国の交流は絶えず深化し,切っても切れない関係を結んでおり,「中国がよくなれば日本がよくなる,日本がよくなれば中国がよくなる」,双方はこのような互恵・ウィンウィン,共同発展の関係を築くために尽力すべきだと表明した.

                                                                 

    松本龍会長は,日本は中国の一衣帯水の隣国で,九州は日本の中で中国に最も近い地区でもあり,双方は今後も友情の絆をしっかりと締め,日中友好の空間を拡大するために共に不断の努力をすべきだと挨拶した.

                                                                 

    海江田順三郎会長は,今年両国国交正常化45周年の到来に伴い,日中関係も改善の良いチャンスを迎え,我々は「民をもって官を促し,地方をもって中央を促す」という積極的な役割を果たし,両国関係の前向きな発展を絶えず推進行くと表明した.

    また,程永華大使,陳震寧副省長,何振良総領事は挨拶の中で,九州北部が豪雨災害に受けたことに対しお見舞いの意を表した.

    中日友好協会,日中友好協会等複数の団体及び複数の日本国会議員,政界の方々より大会に対する祝電を頂いた.

    九州中日友好交流大会は今年まで5回開催され,すでに九州地区において最も影響力を持つ中日民間友好交流活動の一つとなっており,両国の地方と民間の交流を推進し,両国関係の改善発展を促進するために積極的な役割を果たしている.

                         

                         

                         

推荐给朋友
  印刷 全文印刷