トップページ 新着情報 外交部報道官談話 総領事館ご案内 主な取り組み 査証と領事 お知らせ
中国は米国より人道的 記者追放問題で耿爽報道官
2020/03/19

耿爽報道官は18日の定例記者会見で中国メディアの在米機関に対する米国の圧力に対する中国の対抗措置に関する質問に答えた。

問:中国は中国メディアの在米機関に対する圧力に対抗する措置を発表し、その中でニューヨーク・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストの記者については10日以内に記者証を返還するよう要求しているが、これは10日後には国外に出なければならないことを意味するのか。

答:中国は関係の米国メディアに対し、4日以内に外務省新聞司〈報道局〉に今年末までに記者証の期限が切れる米国籍記者の名簿を提出し、10日以内に記者証を返還するよう要求した。

国外に出る問題について中国は「中華人民共和国常駐外国報道機関・外国記者取材条例」(国務院第537号令)と中国出入国(域)関連法律・法規に基づき、現在の新型コロナウイルス肺炎の感染状況を含め、実情と結びつけて、関係の問題を処理している。

私があなたに言えることはこうだ。米国は中国の60人の記者に対し今月13日までに米国を離れるよう要求した。われわれは何度も米側と協議し、感染の原因や航空券の予約が難しいことを考慮し、期限の猶予や柔軟な対応を求めたが、米国は応じなかった。これに対し中国は実情に基づいて、米国記者が国外に出る問題を処理している。われわれの処理はより一層情理にかない、より一層人道精神がある。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷